患者様アンケート│KAZ矯正歯科 東京都千代田区神保町の矯正歯科 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-9 神田神保町メディカルモール 2F

KAZ医療法人社団 審和団 KAZ ORTHODONTIC OFFICE KAZ矯正歯科 KAZ ORTHODONTIC OFFICE

TEL
0120-418-704
診療時間
平日 11:00~19:00/土曜 10:00~18:00
休診日
木・日・祝
TEL

患者様アンケート

C.S様 デイモンシステム

40代 女性 歯科衛生士
C.S 様 歯並びを変えたかった
C.S 様 歯並びを変えたかった

症例: 施術前・施術後

施術前
C.S 様 デイモンシステム C.S 様 デイモンシステム C.S 様 デイモンシステム
施術後
C.S 様 デイモンシステム C.S 様 デイモンシステム C.S 様 デイモンシステム
気になっている所 右上の犬歯。
装置 デイモンシステムクリア
治療方法 非抜歯
治療前の状態 上顎に右側と下顎の左右の第一大臼歯、上顎の左側の第二大臼歯を抜歯しています。 合計4本の抜歯です。
治療
抜歯したスペースを使用して、全体のデコボコの解消と下顎前歯の後方移動を行いました。 右上の前から2番目の歯はその上方に犬歯があり、その部分の骨があまりない状態だった為、その歯のコントロールには注意が必要な状態でした。

通常は全て第一大臼歯の抜歯を選択する所ですが、左上は第二小臼歯が虫歯の治療でセラミックが被せられていたため、その歯を抜歯する事にしました。
結果
右上の犬歯も下りてきて、しっかり咬み合わせに参加しています。全体の咬み合わせも良好な状態です。 右上の犬歯の様な状態の場合、たびたび矯正治療をすると “この歯は普通になるのか” “異物感が出ないか” と聞かれる事があります。

矯正治療で歯を動かす場合には、その歯周りの骨や、歯茎も動かしてくるため、自然な形に治療が行えます。 この患者様の治療後の犬歯を見ていただければお分かり頂けると思います。

また、この犬歯を抜いて治療したらどうかとも聞かれる事がありますが、犬歯は根が深く非常に丈夫な歯のため、あまり積極的に抜くことはしません。
今回も犬歯の一つ奥の歯を抜いてそのスペースに犬歯を下してきています。