デイモンシステム(表側矯正)

初診予約

千代田区神保町 KAZ矯正歯科のブログ

カレンダーから初診のご予約
をしていただけます


TopPage > 矯正治療のご案内 > デイモンシステム(表側矯正)

矯正治療のご案内

デイモンシステム(表側矯正)


デイモンシステムは、治療期間の短縮や通院回数を減らす事が出来る等、数多くのメリットがあるシステムです。

デイモンシステムは、アメリカの矯正医、Dr.Dwight Damon によって開発された最新の矯正治療システムです。従来の矯正装置は、歯につける装置とワイヤーをゴムや細いワイヤーでとめていましたが、そうすることで装置とワイヤーの間に大きな摩擦が生じていました。このことが歯の動きのさまたげになっていましたが、デイモンシステムでは開閉式のふたを使用することで、この摩擦力を従来の約600分の1にすることが出来ました。

この事により非常に弱い力で無理なく早くスムーズな歯の移動が可能になります。 又、生理学的に無理のないシステムにより、その患者様にあった唇や舌の筋肉と調和した自然な歯列をつくることが出来ます。

現在、KAZ矯正歯科では、一番進化したデイモンクリア2を使用しています。 (2016.12)

表側矯正の装置 デイモンシステム
デイモンシステム

参照:デイモンシステム
 http://www.damonortho.com/
 http://www.ormco-japan.com/damon.html

デイモンシステム正面 デイモンシステム正面
従来の矯正装置 デイモンシステム
デイモンシステム横 デイモンシステム横

デイモンシステムの特徴

矯正歯科の治療期間を短縮出来る

歯の移動がスムーズになる為、従来の装置に比べ平均で25%治療期間が短縮出来ます。

通院回数の減少

持続的に力を発揮し続ける形状記憶のワイヤーの使用により、従来の装置で4週間に1度の来院を、6〜8週、場合によっては10週間あけられることで、通院の回数を減らすことが出来ます。

非抜歯治療の可能性が高まります

自然にその患者様にあったバランスのよいところまで歯列が拡大することで、非抜歯治療の可能性が高まります。

痛みが少ない

弱い力で歯が動く為、装置装着当初のお痛みが従来の装置より少ないようです。

清掃性が良い(歯ブラシが しやすい)

従来の装置では、ワイヤーと装置をとめる為にゴムや細いワイヤーを使用しており、汚れがつきやすかったのですが、デイモンシステムではこういったゴムや細いワイヤーを極力使用しないので、汚れがつきにくく歯ブラシもしやすいです。

裏側の拡大装置等がほぼ必要ない

歯列が狭い場合等では、裏側に拡大装置等を使用することがありますが、デイモンシステムでは装置とワイヤーの力のみで拡大することが出来るのでほとんどのケースで使用しません。

歯周組織に悪影響を与えない

無理な力を加えることがない為、歯周組織(歯茎や歯を支える骨等)への為害作用が少なくてすみます。

歯根の吸収が少ない

無理な力を加えることがない為、歯根の吸収という問題もおこりずらいです。

ブラケットの厚み

透明な装置に比べ、装置の厚みが約10%厚くなっています。


当院のデイモンシステムはインシグニアの技術を取り入れ高精度な装置に仕上がっております

インシグニアとは、患者様のお口の中をスキャンし、コンピューター上で治療計画に基ずいた理想的な仮想の3次元モデルを作成し、それにあった正確なブラケットポジションと正確なカスタムメイドのワイヤーにより、より良い治療をご提供できる最新のシステムです。

インシグニア イメージムービー Insignia Manu Facturing

インシグニアの特徴

1回の治療時間や治療期間の短縮

完全に理想的な位置に正確に装置の位置づけがされ、またコンピューターによって曲げられた患者様一人一人にあったカスタムメイドのワイヤーにより1回の治療時間が短縮され、無駄な動きが最小限のため治療期間の短縮が図れます。

デイモンクリアとのコラボレーション

当院ではインシグニアシステムにブラケットはデイモンクリアを使用し、より快適でより質の高い仕上がりをご提供します。


デイモンシステムの症例

(いずれも治療途中のものですが、動きの早さがおわかりいただけると思います)

治療例 1
表側矯正 デイモンシステム 治療前 表側矯正 デイモンシステム 治療6ヵ月後
治療前
6ヵ月後

治療例 2
矯正歯科 デイモンシステム 治療前 矯正歯科 デイモンシステム 治療3ヵ月後
治療前
3ヵ月後

治療の流れ (詳しくは 治療の流れ を御参照下さい)

初診相談
患者様のご希望にあわせて、ご予約をお取りすることができます。
検査 約30分
 1週後
診断 約60分
型採り 装置作製のための型採りをします。
虫歯の治療やクリーニングの必要がなければ診断の日、当日お採りします。
約30分

装置装着 90分位のお時間がかかります。
8〜10週後
治療
 毎6〜8週に一度
治療後半は4週に一度来院。
治療期間によって回数は異なります。
型採り 保定装置(リテーナー)を作製するための型採りをします。
 4週後
保定装置作製のための期間です。
装置を外す
 3か月後
リテーナーチェック

資料採り
保定装置の使用状態などのチェックと、終了の記録として型採り、レントゲン撮影などをおこないます。
 3〜4か月に一度来院
保定期間終了

デイモンシステムについてのQ&A

治療期間が25%短縮されると書いてありますが以前、歯を動かすと歯根が吸収されると聞いた事があります。大丈夫ですか?

非常に強い力や歯をいったりきたりする様な動かし方をしたり、又、歯が骨の中を移動するのですが骨の周りの一番、硬い部分にあてると吸収すると言われております。

デイモンシステムは動きがスムースという事で上記の様な動かし方をしている訳ではありませんから根の吸収とは関係ありません。

デイモンシステムは早く歯を動かすので、その分、痛みも大きいのですか?

早く動くのは動きがスムースだという事で強い力を加えている訳ではありません。逆に弱い力で動いてくるので痛み的には軽減される位です。

デイモンシステムの装置は金属アレルギーの人でも大丈夫ですか?

金属アレルギーの場合、何の金属に対するアレルギーなのかが問題となります。
チタン製のブラケットであれば問題無いのですが現在は、まだデイモンシステムに関しましては発売されておりません。

デイモンシステムとインプラント矯正を併用した場合は通常の装置で治療するよりどの位期間は短縮出来ますか?

全ての患者様に有効という訳ではありませんが、有効な場合には少なくとも25%以上の期間の短縮が可能です。

デイモンシステムと普通のブラケットはどこが違うのですか?

ホームページ上のデイモンシステムの所を見て頂くと分かると思いますが、通常のブラケットがワイヤーをゴムや細いワイヤーでおさえつけるのに対し、デイモンシステムではこのおさえつけが殆ど無い為、装置とワイヤーとの摩擦が少なく結果的にスムースな歯の移動が可能となります。

デイモンシステムのデメリットは何ですか?

少し通常のブラケットより厚みがあります。

何故、治療期間が短くなるのですか?

今までの装置は歯に着けるブラケットの溝にワイヤーを入れ、ワイヤーが抜けない様にゴムや細いワイヤーでしばります。こうせざるをえないのですが、そうする事で摩擦が生じ、結果、この摩擦が歯の移動の妨げになっています。
デイモンシステムでは、この摩擦を限りなく少なく出来る為、移動が早く治療期間の短縮が行えます。


治療費とお支払い方法 -->
医療費控除について -->
体験記 -->
矯正歯科Q&A -->




© 矯正歯科専門 医療法人社団 審和会 KAZ矯正歯科 日本矯正歯科学会認定医 高橋和明

神保町KAZ矯正歯科目立たない矯正歯科、インコグニートデイモンシステムインビザラインインプラント矯正など審美性の高い最新の矯正歯科を行っております。九段下や水道橋からも徒歩圏内、初診料は無料ですので何でもお気軽にご相談ください。

医院関連ほか 矯正歯科のご紹介 ノウハウ・Q&A

木・日祝休診
11:00 - 19:00
10:00 - 18:00





矯正歯科カウンセリングの予約

神保町・九段下・水道橋近隣の地図
千代田区神田神保町 近隣地図

  • 神保町」駅 A1出口より徒歩1分
    (都営新宿線・都営三田線・地下鉄半蔵門線)

  • 九段下」駅 6番出口より徒歩4分
    (地下鉄東西線・地下鉄半蔵門線・都営新宿線)

  • 水道橋」駅 西口より徒歩7分 (JR)

KAZ Orthodontic Office
東京都千代田区神田神保町2-9
神田神保町メディカルモール 2F
TEL 03-3512-4188 FAX 03-3512-4189